FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:植草一秀の『知られざる真実』


安倍改憲は壊憲であり国家転覆の企てである


平和と人権、そして、政治の成り立ちを定めた国民主権。


 


これが日本国憲法の基本原理である。


 


この日本国憲法に対して、極右集団が「憲法粉砕」を街で絶叫する。


 


彼らが支持しているのが安倍内閣である。


 


安倍自民党は憲法改定案を公表しているが、戦後日本の基本原理を根こそぎ変えてしまう考えを明示している。


 


平和憲法を破壊して、日本を「戦争をする国」に変える。


 


人権は国家が上から下に付与するもので、国家が許容する範囲内でしか人権を認めない。


 


そして、日本国憲法が、国民が国家権力を守らせるものとして書かれているのに対し、自民党改定案は、国家が国民に憲法を守らせるものとして書いている。


 


国民主権の原理、立憲主義の原理を否定するものである。


 


日本国憲法前文は、


 


「これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。」


 


と明記し、


 


最高法規の章に置かれた第97条には


 


「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。」


 


と明記している。


 


日本国憲法は基本的人権について、「現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたもの」としているのであり、これを「人類普遍の原理」としている。


 


「人類普遍の原理」とは「自然法」のことであり、近代憲法は、この「自然法」を「実定化したもの」に過ぎないのであり、憲法改正があっても、この限界を超えることはできないのである。


 


ところが、安倍自民党が提示している憲法改定案は、憲法の根本原理を根こそぎ改変し、自然法を覆すものであり、憲法改正の限界を超えるものである。


 


この現実を私たち主権者国民ははっきりと認識しておかねばならない。


 


この意味で、安倍政権下の憲法改定を日本の主権者は断じて許すべきでない。


 


その最大の理由は、戦後日本の根本原理が転覆させられてしまう惧れが極めて高いからなのだ。


 


「自衛隊を憲法に明記する必要」などという、小手先の理屈に、日本の主権者は振り回されるべきでない。


 


安倍自民党の憲法改定案は「国家転覆の策謀」を具現化したものであり、十分に「破壊活動防止法」に抵触するものであると言わざるを得ない。


 


憲法改正論議そのものを否定する必要はないが、国家転覆の策謀を看過することはできないのである。


 


安倍内閣が断末魔の叫びをあげている現況において、憲法改定の現実味は大幅に後退しているが、死んだはずのものが息を吹き返してゾンビのごとくに跋扈するケースもあり、日本の主権者はゆめゆめ油断することのないようにしなければならない。


 


安倍内閣は「平和と命と人権」にとっての脅威である。


 


いま、何よりも必要なことは、この内閣を退場させることである。


 


国会では野党が審議拒否をするなかで、与党が野党不在のまま審議を強行するという暴虐を重ねている。


 


「審議に応じない野党が悪い」


 


との世論を人為的に醸成する活動が展開されているが、国会の多数勢力が少数意見を尊重せず、良識と常識をかなぐり捨てて、横暴極まりない行動を示しているのであるから、非難されるべきは「数の論理」のみを振り回す与党の側である。


 


財務省事務次官のセクハラ事案では、麻生太郎財務相が事実確認もせずに、次官を擁護し、被害者を攻撃する言説を振りまいた。


 


「福田の人権はなしってわけですか」


 


と発言したが、その言葉がそのまま


 


「被害者の人権はなしってわけですか」


 


という言葉として突き返されるのは当然のことである。


 


「公文書改ざんが事実だとすれば由々しきこと」


 


と明言しながら、公文書改ざんが明らかになったにもかかわらず、財務省の最高責任者としての責任も明らかにしていない。


 


また、国会で虚偽答弁を繰り返したことが明白な柳瀬唯夫氏に対する再質疑を証人喚問で行うべきことが当然であるにもかかわらず、与党がこれを拒絶してきた。


 


議会政治が円滑に運営されるためには、少数意見の尊重が必要不可欠である。


 


「数の力」ですべてを決めてしまうのなら、そもそも議論も審議も必要ないことになる。


 


この横暴極まる安倍政治、そして、日本の国家そのものを転覆しようとしている安倍政治について、いま何よりも必要なことは、その存在を抹消することである。


 


そのことをすべての主権者が再確認する必要がある。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ