FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:杉並からの情報発信です


宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009520) 第5 インフレにおける「新政」


 


【本章の主題】より抜粋


 


①人類社会5000年の長い歴史の中で、いかなる時代、国家、宗教、民族においても、金は富の"最終形だと認められてきた。この根強い考え方は、決してケインズが軽々しく「金は野蛮な遺物「と言うだけで、抹消されるものではない。金と富の必然的な繋がりは、古くから人々の生活の中に自然に存在している。


 


②国民が政府の政策や経済の先行きに心配ならば、手持ちの紙幣を金に変えて、状況の回復を待つことができるのだ。紙幣を自由に金に変えられることは、人々にとって最も基本的な経済上の基盤なのである。この基盤に立ってこそ、民主主義やさまざまな形の自由が、実際の意味を持ってくる。国民が紙幣を金に交換すると言うもともと存在している権利を政府が強制的にはく奪したときは、国民の最も基本的な自由を根本から奪い取ったと言うことになる。


 


③国際銀行家たちは、金が普通の貴金属でないことをよく知っている。金は唯一、デリケートな歴史を背負っている「政治金属」であり、金問題にうまく対応できなければ、世界規模の金融危機を誘発してしまう。正常な社会において、金本位制を廃除すれば、深刻な社会不安やひいては暴力革命を引き起こすことになるだろう。だが、"極めて異例な社会"に於いてのみ国民は仕方なく一時的にこの権利を放棄するのだ。そして銀行家たちが深刻な経済の危機と衰退と言う"極めて異例な社会"を必要とする理由である


 


④。経済の危機と衰退の脅威の中で、国民は容易に妥協し団結は壊れやすく、社会の注意力は分散し、銀行家たちの策略が最も実現しやすくなる。このため、銀行家たちは、経済の危機と衰退を、政府と国民に対する最も有効な武器として繰り返して利用してきたのだ。


⑤国際銀行家たちは、1929年以降の深刻な経済危機を巧みに利用して、正常な状態では極めて実現しがたい「金本位制廃止」と言う大業を成し遂げ、第二次大戦に至る金融の道を敷設した。


 


☆今日の座右の銘


 


■金融支配への警告


 


①『近代の銀行システムは何もないところからお金を創造します。その過程は、おそらくかつて発明されたものの中で最もビックリ仰天するような巧妙


なものです。


                                   


銀行は不正の中で妊娠し罪の中で生まれました。銀行は地球を所有しています。


 


彼らからそれを取り上げよう、彼らからお金を創造することをやめさせよう 


 


しかし 彼らはペンをちょっと走らせるだけで、またそれを取り戻す充分なお金を作るでしょう


 


この強力な力を彼らからもぎ取ろうそうすれば、鉱山のような大きな財産は消えるでしょう。


 


彼らは消え去るべきなのですそうすればより良い より幸せな世界になります


 


しかし、もしあなたがこのまま銀行に対し支払いを続け奴隷のままでいるなら


 


銀行家たちはお金を創造し続けクレジットを支配し続けるでしょう』


 


ジョシア・スタンプ卿(イングランド銀行総裁1928-1941年)


 


②[マネー研究は、経済のあらゆる分野の中で、真実を隠す、または真実からたくみに逃れるために、それが暴露されないよう、わざと複雑になってい


る分野の一つだ]


 


(経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイス『Money,when it came,where it went


1975)


 


③[銀行がマネーを作るプロセスは、不愉快になるほど、あまりにもシンプルだ]


 


 (経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイス『Money,when it came,where it went1975)


④[アメリカで起きているすべての混乱は、憲法や同盟の不備、名誉が欲しいとか、美徳からではない。それは硬貨、クレジット、通貨の性質について


人々が無知であることから来ている]


 


(2代米国大統領ジョン・アマムズ)


 


⑤銀行は軍隊よりも危険である。もしアメリカ人が一度でも私営銀行に貨幣発行の支配を許したら、銀行は私達の資産を奪い成長するだろう。子供たち


がホームレスになるまで


(3代合衆国大統領トーマス・ジェファーソン)


 


⑥[通貨発行は政府の手にゆだねられるべきであり、ウォール街の支配から守らなければならない。国家の通貨とクレジットシステムを民間の手にゆだねるという法律の規定にわれわれは反対する]


 


(4代合衆国大統領ジェームズ・マディソン)


 


⑦[両替商はあらゆる形の乱用、陰謀、詐欺、暴力手段を使って、貨幣とその発行をコントロールすることで、政府を支配し続けていることを歴史が記


録している]


 


(4代合衆国大統領ジェームズ・マディソン)


 


⑧[政府の費用を賄い、一般国民の消費に必要なすべての通貨と銀行預金を政府は自分で発行し流通させるべきである。通貨を作製し、発行する特典は


政府のたった一つの特権であるばかりか、政府最大の建設的な機会なのだ。この原理を取り入れることによって、納税者は計り知れないほどの金額の利


子を節約できる。それでこそお金が主人でなくなり、人間が人間らしい生活を送れるための召使いになってくれる]


 


(16代米国大統領リンカーン)


 


⑨[私はもっとも不幸な人間だ。私は愚かにも自分の国を破壊した。偉大なる工業国はクレジットシステムにコントロールされている。われわれのクレ


ジットシステムは、一点に集中化されている。国家の成長、われわれのすべての活動は、少数の人間の手中にある。われわれは世界中で最悪の支配の、


もっとも完全にコントロールされ統治された政府の一つになった。もはや自由意見や


信念をもった政府だはなく、また多数の投票で決まる政府ではなく、少人数の人間に支配された政府になってしまった]


 


(28代合衆国大統領ウッド


ロウ・ウイルソン。ウイルソン大統領は、連邦準備法を成立させ、アメリカの中央銀行である連邦準備制度を創設したことで知られる。その彼が引退後


に語った言葉)


 


⑩[騙されて私は国を裏切った]


 


(第28代合衆国ウイルソン大統領が死の間際に友人に連邦準備法を大統領のときに成立させたことについて語った言葉)


 


⑪[真実は、あなたも私も知っているように、アンドリュー・ジャクソン(7代大統領)の時代から、大銀行がずっと政府を所有しているのだ]


 


 (32代合衆国大統領フランクリン・ルーズベルト) (大統領任期: 193334 - 1945412)


 


⑫[世界でも最も自由な国は、マネタリー問題が国をコントロールしないように、その問題をコントロールしなければならない]


 


(35代合衆国大統 領ジョン・F・ケネディ)


 


☆今日の推薦図書(朗読)


 


■宋鴻兵(ソン・ホンビン)著『ロスチャイルド、通貨強奪の歴史とそのシナリオ』(ランダムハウス2009520)


 


この本は中国で150万部、韓国で7万部、台湾で3.5万部が売れたベストセラーです。


 


(序文より)


 


『本書では18世紀以降に起こった重大金融事件の黒幕にスポットを当て、彼らの戦略瀬的目的や常套手段を分析比較しながら、彼らが将来中国に対して仕掛ける攻撃方法を予測し、中国の取るべき道を探ってみたい。"硝煙のない戦争"はすでに始まっている』


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ