FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:オルタナティブ通信

売り出されたロシアのエネルギー産業を日本はなぜ買わない?
 固定資本は、工場等の生産設備を指すが、GDP比の固定資本比率を見ると、

中国40%弱、

韓国30%弱、

米国20%弱、

ロシア18%、

となっている。

産業=モノ作りの時代が終わり、金融で生きている米国。

アジア通貨危機で産業の大部分が崩壊し、一部の産業だけに集中・特化し(例えば液晶大型TV等)、生き残ってきた韓国。

産業立国の最中の中国。

こうした国々と比較して、これからエネルギー産業を中心に産業立国を始めるロシアは、設備が全く整っていない事が分かる。

産業用ロボット、工作機械、パイプラインと言えば、日本は世界最先端の技術を持っている。

しかし、民営化され、最近売りに出された、ロシアの大型発電所20ヵ所の内、日本が入札しているのは「0」である。

投資と言う面でも、エネルギーの確保という面で見ても、日本という国は、10年後の戦略を何も持っていない事が分かる。

 世界の原子力発電産業は、今後、中国を、その主な最大手販売先として動き出している。その中国が「脅威」であると言うのであれば、この原子力発電産業の中核であるイスラエル・マフィアを、日本が「抑える」事が、日本と世界の安全につながる。

それは人類を絶滅させる核兵器産業を「押さえ込む」と言う事でもある。

 この核兵器産業は、ロシアの原油・天然ガス産業を握っている。ロシアのエネルギー産業の根幹を日本が握る事は、ロシアの日本への脅威を「抑える」と同時に、中国を「抑え」、日本悲願のエネルギー供給ルートの安定を計り、

「核兵器産業への原料供給口を日本が、閉鎖する権利を持つ」と言う事を意味する。

エネルギー安全保障・エネルギー自給、

北朝鮮・ロシア・中国を「敵」と見なした国防、

核兵器廃棄への「要」は、1つであり、

そこを抑える戦略を持たない、ボンクラ政治家、ボンクラ官僚に用は無い。

スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ