FC2ブログ

FC2カウンター


最近の記事


FC2ブログランキング


プロフィール

松本清張

Author:松本清張
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


Excite自動翻訳


♪BGM

©Plug-in by PRSU


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


DATE: CATEGORY:日本の風景

森田ー徳洲会ー千葉県警の闇<本澤二郎の「日本の風景」(3493)

<医療ミス多発国「明日は我が身の日本」と向き合うべし>

 日本どころか世界一の徳洲会病院は、やってはならない選挙に、それでいて、勝てる候補の応援に必死だという現実を、医療事故の経験者はわかる。厚生労働省や県の医療行政、さらには捜査当局を操作するためである。医療事故多発国でありながら、刑事告訴や医療裁判が少ない日本の現状なのだ。

 第三者には理解不能だろうが、明日は我が身だから、突然の不幸に人生を奪われることになる。

 

 徳洲会が、役者崩れの森田健作選挙を支援した事情と背景なのだが、その結果、万一業務上過失致死事件が発生しても、警察はいい加減に対応して、遺族の味方をしてくれない。裁判所判事も、引退後の生活を念頭に、これまたいい加減に判断してしまう。よほどの事故でもない限り、遺族が満足する司法判断は期待できない。

 

 すなわち、病院の不正選挙応援と闇献金が、この国の正義を崩壊させてしまう。これは医療に限らない。教育や宗教などにもいえる。日本の司法も腐ってしまっている。憲法違反事件に沈黙する裁判所でもある。

 

 ドイツ首相の叫ぶ「自由と民主主義を維持することは容易なことではない」ということが、医療事故においても理解できる。

 

<泣き寝入りに助けられる倫理喪失の病院・医師・看護師>

 人間の命を救済する世界での不正腐敗を、自ら経験した時点で気づいても、もはや手遅れなのである。

 人間は神や仏ではない。間違いを犯す。その時は反省して謝罪する。これが人の道、人道である。立派な学者・言論人も、いざとなると、この当たり前のモラルを貫こうとしない。遺族は傷つき、倒れていくしかない。悲劇の連鎖は至る所で起きている。

 「明日は我が身」なのだ。今は健康人でも、いつか必ず襲い掛かってくる。いい医師と病院を見つけるのは、曇り空に星を見つけるほど容易ではない。

 

 

 また無知は犯罪である。それゆえに遺族は泣き寝入りして、ひたすら忘れようとするのだが、情で生きる人間にそれは不可能である。

 

 医師の倫理教育は、もっとも重要なことだが、日本の医師会も厚生労働省もこれを軽視している。そもそも中国はハルビンの731部隊の生体実験の医師団が、敗戦後の医師を養成する責任者となっていたのだから。これほどの腐敗は珍しいことであるが、このことさえ筆者は、息子の医療事故に遭遇してから気づいた情けないジャーナリストだった。

 

<医療事故捜査は手抜き、手抜きの現場>

 筆者は、東芝経営の東芝病院で、入院した直後の息子を窒息死させられた。看護師が100分も誤嚥性肺炎患者のタンの吸引をしなかった、きわめて初歩的なミスだった。

 

 東芝病院は、反省も謝罪もしなかった。週刊誌「週刊新潮」で警鐘を鳴らしたが、それでも無視された。やむなく警視庁に刑事告訴したものの、1年間もたなざらしされた。

 警察官僚OBの亀井静香氏が、何度も警視庁刑事部長に陳情したが駄目だった。ようようにして書類送検となったが、東京地検の松本朗という悪党検事は、東芝を守って不起訴にした。松本朗は今どうしているのか。出世したはずだが、ペンはいつまでも追いかけてゆく。

 

 以来、我が家から東芝製の電化製品とパソコンが消えていった。息子が亡くなった翌年に311、東電福島の東芝製原発3号機が核爆発を起こして、多くの人命を奪い、傷つけている。これからも、である。因果応報であろう。東芝は紛れもない、殺人企業・殺人病院と断罪したい。

 

 現在、徳洲会病院でも同様の事件が起きている。

 

<隠し・逃げる医療機関を支援する国民不在の行政と警察>

 先に徳洲会病院の不正を隠ぺいする、千葉県庁の担当課に電話してみた。

応対に出た女性職員の態度が横柄なのだ。森田県政を継承していたのだろう。女性は男性に比べて親切だが、彼女は違った。 

 「OOさんをお願いします」という要請に「いません」、再度声をかけると、異動した、とそっけない。それ以上の会話は無駄だった。身内をかばっているのだが、女性職員のつっけんどんな対応に「官尊民卑」の雰囲気を感じてしまった。

 

 そのことは、警察行政にも通じている。市民が警察や県庁に駆け込んでも、まず親切な職員に出会えないだろう。特に、当局の不正にかかわる問題だと、逃げてしまい、徹底して隠ぺいして恥じない。

 「警察は税金泥棒」と友人は決めつけているが、確かにおかしな態度の職員は少なくない。「県民に寄り添う役人や警察は、まずいない」といっていいだろう。帝京にいい医者が一人いたが、役所や警察にはほとんどいない。 

 

<帝京病院と及川夫妻の示談の行く方に注目>

 わが息子の医療事故の最初は、市原市の帝京病院だった。最近は名称を変えたらしい。拙著「医師失格」が影響したものであろう。

 

 植物人間にされて6年間、入院生活を強いられた次男の無念に、現在も泣いている父親である。四街道市の及川さん夫妻も、そんな一人だ。「医師失格」を読んで、日本記者クラブに手紙をくれた。

 

 夫妻は、一人息子を帝京で奪われた。その無念に今も泣いている。反省・謝罪が皆無だからだ。やむなく、一人息子の位牌を抱いて裁判所に駆け込んだ。

 ところが、帝京は医師資格のある弁護士を立てて反撃してきた。これは想定外であった。プロの医療弁護士は日本にいない。いたとしても、正体はイカサマである。この手に騙される遺族も少なくない。

 

 筆者も東芝病院との示談しようとして、仕方なく弁護士を頼んだが、本物ではなかった。東芝の顧問弁護士との直接対話もできなかった。判事も弁護士も、警察も検事もイカサマが多すぎる。善良な正義の士があまりにも少ない日本なのだ。

 

 目下、及川夫妻は、法廷において帝京と示談交渉中という。二人の背後には、医療事故で泣いている無数の遺族が支援していることを忘れないで欲しい。愛する子供のために、ひるむことなく奮戦してほしい。油断すると、夫妻に病が襲い掛かることも予想されるためだ。

 

 我が家の場合、妻は悪党検事の不起訴のあと、重い病が襲い掛かり、またしても息子に次いで、命を奪われてしまった。

 

<検察不起訴の衝撃で亡くなった妻、民事で対抗しなかった夫>

 55歳で人生暗転、波乱万丈の人生を強いられてしまった筆者である。病院・医師・看護師・警察・検事の不条理に泣かされた不運を、少しでも跳ね返してペンを握って離さない。

 医療事故は遺族にも襲い掛かる。気力を喪失した父親は、東芝との民事での裁判を断念した。司法の腐敗に気づいてしまったからでもある。せめて経験していない第三者の「明日は我が身」に役立てようとしてのリポートでもある。

20191112日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 悪徳ペンタゴン打倒のために集まろう all rights reserved.Powered by FC2ブログ